幸せな結婚は自分よりも相手を大事にする事

幸せな結婚にとって最大かつ唯一大事な事と言ってもいいのが、自分よりも相手を大事にするという事です。
しかし、結婚相手がどう思っているか測るのは本当に難しいものです。
よく、結婚は価値観が似たモノ同士でないとうまくいかないということを聞きます。
ですが二人の生まれも育ちも、生活習慣や地域の慣習・風習も違うので、価値観が全く同じという事は滅多にありません。
しかし価値観をすり合わせていく事は出来るのです。
一番いい例がみそ汁の味です。
長距離恋愛だった場合、自分は味の濃い地域で育ち、相方は薄目の味付けが主流の地域で育つといった事もしばしばあるでしょうが、その際に奥さんが「中間くらいの味にするね」といった一言は大切です。
夫が毎日夕飯を食べに帰らなきゃという義務感を持っていたとしても、こんな言葉を言われたら夕飯を楽しみに帰ることでしょう。
結婚前は飲み歩いていたのに、晩ゴハンは極力家で食べるようになったりします。
結婚相手との付き合いが長くなればなるほど、二人の関係はマンネリ化してきますよね。
毎回お馴染みのお店でご飯を食べたり飲んだり、その後はDVDの新作を借りて帰る・・・こんな感じが一生続くのかな?って気持になるはずです。
二人に足りないこと、それは新鮮さです。
だからこそ、いつもと違うことをデートに取り入れてみてください。
例えば いつもは家から一緒に出かけるが、外で待ち合わせをする・ 行ったことのないお店に行ってみる・ いつもと違う服装ででかける(いつも軽装の人はオシャレして、逆にいつもスーツの人はラフな格好で)・ いつも出かけてばかりの人は二人でDVDや食べ物やお酒を買い込んで一日家で過ごす等です。
いつも自分達がしそうにないことを、わざわざ選んで実践するということが大切なのです。
彼への気持ちを再確認できる、良いきっかけがたくさんあると思います。
結婚生活を楽しく長続きさせる為にも必要な事かもしれません。